社会福祉法人 ハスの実の家

くらしの場

ハスの実の家では2009年4月から障害者自立支援法に基づく新体系に全面移行しました。
暮らしの場では、それまでの入所更生施設を廃止、増改築で4か所の「共同生活援助事業」(グループホーム)とし、まちなかのグループホームと区別して「ユニット型のグループホーム」と呼んでいます。
グループホームでは4人~8人の利用者が必要な支援を受けて住んでおり、日中はハスの実わくわくセンターや他の法人事業所に通い、メリハリのある生活を送り、仲間一人ひとりが生活の主人公となることをめざしています。

ユニットホーム

ユニットホーム 詳しくはコチラ

まちなかホーム

まちなかホーム 詳しくはコチラ